読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬アナリスト血統予想!

血統、馬主、調教師など、表に見えない裏データを利用した穴情報!

朝日杯フューチュリティステークスの回顧

2016年12月11日の朝日杯フューチュリティステークスに注目したいと思います。

▽ 第68回 朝日杯フューチュリティステークス(G1)

このレースでは前回同様スタートをうまく切った

ヴォンセルヴィーソがハナを取り、

人気のミスエルテも後方ではなく

中団からレースを進めました。

それほど早くないペースとなり、

中団から後方にいたサトノアレスが早めに飛び出し、

ゴール前でモンドキャンノの追撃を封じ勝利を収めた。

阪神競馬場は良馬場発表ではあったものの

パンパンの良馬場ではなく

稍重に近い馬場であったように思いました。

今後この2頭に注目が集まると思いますが

私は4着に敗れたミスエルテを評価したいと思います。

ミスエルテから馬券を勝っていたファンは

そんなに強くないだろうと思うかもしれません。

しかし、ミスエルテ陣営がこのレースを使ったのは

調整が間に合わなかったので

1週スライドさせたという情報をあります。

それでいて牡馬相手に健闘したのですから

桜花賞あたりでかつもう少し末脚を生かす競馬をすれば

勝てるだけの力はあると思います。

次は若干評価は落ちると思いますので

積極的に狙いたいです。

さて、2歳のG1は終わってしまいましたが、

先日、米田レポートを発売させていただきました。

このレポートでは、2016年デビューの2歳馬および、

2017年の3歳馬を解説しています。

2017年のクラシックを占うというよりも

クラシックを制する馬を見極める重要なレポートです。

このレポートは、クラシックを網羅する内容ですので、

2017年の菊花賞まで情報は更新されます。

そのレポートを手にすることが、

来年のクラシックにおいて、

どれほど重要な情報であるかはご理解いただけると思います。

既に阪神JF朝日杯FSが終了しておりますが、

来年の菊花賞まで、活用できる内容です。

ご興味のある方は、こちらのページをご覧ください。

http://c.ioiv.net/?t=ta&iid=69726