読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬アナリスト血統予想!

血統、馬主、調教師など、表に見えない裏データを利用した穴情報!

天皇賞(秋)の回顧 10月30日 東京11R

2016年10月30日の天皇賞(秋)に注目したいと思います。

▽ 11R 第154回 天皇賞(秋)(G1)

このレースはCMや単勝オッズから見てもわかるように

国内最終戦のエイシンヒカリとモーリスの争いとみられていた一戦でした。

レースは予想通りエイシンヒカリが逃げましたが

想定より早くラブリーデイが早く並びかけると

エイシンヒカリは手ごたえも悪くなり、

差し馬の各馬にかわされて行きました。

その中でもひときわ目立ったのが

昨年の年度代表馬のモーリスで

後続各馬の追撃を封じました。

2.3着には追い込んできた

リアルスティールステファノスが入りました。

エイシンヒカリは力負けというよりは、

展開が向かなかったというか、

馬の気分が最高ではなかったというところでしょう。

東京を逃げ切るには、圧倒的な力の差がなければ、

難しいという人もいます。

天皇賞には縁が無いということもありますし、

前で競馬をする限り、大負けすることはあります。

これだけの実績のある馬ですので、

安易に切り捨てることはせず、次走に期待しましょう。