読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬アナリスト血統予想!

血統、馬主、調教師など、表に見えない裏データを利用した穴情報!

ヴィクトリアマイルG1の結果

5月15日に東京競馬場で第11回ヴィクトリアマイルG1が行われました。

スマートレイア―、レッドリヴェールカフェブリリアントなどが

レースを引っ張り速いペースとなりました。

4コーナーで後方10番手にいた戸崎圭太騎手の

7番人気ストレイトガールが脚を伸ばし、1着でゴールイン。

さらに後方にいた1番人気ミッキークイーン

そして、2番人気のショウナンパンドラが3着と続きました。

1,2番人気が連に絡んだにもかかわらず、

3連複は6090円と高配当となったことから

予想が難解なレースであったことがうかがえます。

レースを見て強い競馬をしたのは、3着のショウナンパンドラ

そして4着入線した4番人気スマートレイア―でした。

まずはショウナンパンドラですが、

適正距離がマイルではない馬が

牝馬限定のG1とはいえ好走したのですから、

牝馬ナンバー1の力があることを証明したのではないでしょうか。

また、スマートレイア―にしても

前でレースを引っ張り後方で脚を溜めていた馬が上位を独占した中で

4着に粘ったことは高く評価してもよいのではないのでしょうか。

このレースを見てマイルであれば牡馬相手にも通用する力があるでしょう。