読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬アナリスト血統予想!

血統、馬主、調教師など、表に見えない裏データを利用した穴情報!

フェブラリーSの回顧

2月19日フェブラリーステークスに注目したいと思います。

▽ 東京11R 第34回 フェブラリーステークス(G1)

このレースではレース前から

人馬ともに注目されていたカフジテイクが1番人気となり、

しっかりと差し切れるかがカギとなったレースです。

中団外目を回り、最後までしっかりと伸びてきたゴールドドリーム

内のベストウォーリアとの接戦を制し、

3着には後方から追い込んだカフジテイクが入線しました。

今年も根岸S勢が馬券に絡み、

改めて最重要ステップレースであると思いました。

今回はぶっつけ本番となったゴールドドリームですが、

間隔をあけたことや馬場入りを他馬よりも先に行ったことで

前走の敗因となった落ち着きのなさをカバーし、

力を出せたと思いますし陣営の努力がうかがえます。

今後もしばらくは絶対王者不在で

馬券的に面白いレースが続くでしょう。