読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬アナリスト血統予想!

血統、馬主、調教師など、表に見えない裏データを利用した穴情報!

京成杯の回顧

1月15日の 京成杯に注目したいと思います。

▽ 中山11R 第57回 京成杯(G3)

逃げたメリオラや2番手につけたベストリゾートなど

先行馬にとっては苦しいレースとなりました。

ポポカテペトルは、先行し、抜けられず、

不利を受けるなど力を出し切れないレースでした。

レース結果は、中団~後方にいた

コマノインパルス、ガンサリュートマイネルスフェーンが

上位を独占する形となりました。

今年のクラシック最有力候補と評価が高いレイデオロを物差しとすると

接戦を演じた経験のあるコマノインパルスやマイネルスフェーンは

力を示した格好になりました。

今後も順調にいけば、クラシックを賑わせてくれるでしょう。

また、当日良馬場発表でしたが、稍重に近い馬場だと思います。

そのため、私の個人的な感想では、2着に入ったガンサリュート

パンパンの良馬場で今後どのようなレースをするのかによって

本当の評価ができると思います。

母父クロフネということからも

道悪なら必ず馬券に入れることをお勧めします。