読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬アナリスト血統予想!

血統、馬主、調教師など、表に見えない裏データを利用した穴情報!

フェアリーSの回顧

1月8日のフェアリーSに注目したいと思います。

▽ 中山11R 第33回 フェアリーステークス(G3)

このレースではツヅクが大逃げを打つ展開で

終始2番手グループで回ってきたアエロリットが

直線で抜け出すかと思われました。

緒戦で、外から10番人気の伏兵馬ライジングリーズンが

差し切り見事な勝利となりました。

2着アエロリットからクビ差の3着には

こちらもクロフネ産駒のモリトシラユリが入りました。

このレースを見て感じたのは

2着のアエロリットは1600mではあるものの

1F長く感じてしまいました。

次走以降は、1400mがベストで

もしかすると1200mで大きなところで勝てる

可能性を秘めている馬かも知れないと感じました。