読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬アナリスト血統予想!

血統、馬主、調教師など、表に見えない裏データを利用した穴情報!

有馬記念の回顧

2016年12月25日の有馬記念に注目したいと思います。

▽ 中山10R 第61回 有馬記念(G1)

今年G1で2勝を挙げているキタサンブラック

今年の菊花賞馬のサトノダイヤモンド

昨年の覇者ゴールドアクター

どの馬が勝つのかが注目された1戦となりました。

レース結果も

この3頭がそれぞれ力を出し合い、

1位から3着までを占めました。

このレースでは戦前からの宣言通り、

マルターズアポジーがハナを取り、

キタサンブラックが早くに捉えに行きました。

キタサンブラックをマークした

サトノダイヤモンドゴールドアクターの争いとなり、

最後の最後に3歳馬サトノダイヤモンドが差し切り、

G1、2勝目を飾りました。

斤量差もあるかもしれませんが

ジョッキーたちのかけひきを感じられたレースは

久しぶりでしたので良いレースだったと思います。

配当的には、面白みのないものではありましたが、

レースは、名勝負だったと思います。