読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬アナリスト血統予想!

血統、馬主、調教師など、表に見えない裏データを利用した穴情報!

阪神ジュベナイルフィリーズG1の回顧

2016年12月11日のチャンピオンズカップに注目したいと思います。

▽ 第68回 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)

このレースは大方の予想通りアリンナがハナを切り、

ショーウェイがそれに続く形で追走しました。

内で脚をためていたソウルスターリングが

直線で堂々と抜け出し、見事女王に輝きました。

後方から脚を伸ばしたリスグラシューは

1馬身1/4離され、2着となりました。

このレースで勝敗を分けたのは

センスの良さだと思います。

内々でロスなく立ち回われたことと、

フランケル産駒はエンジン性能は高いが

エンジンのかかりが遅いという特徴を知り、

早めに追い出したルメール騎手の上手さが

大部分を占めていると思います。

早熟血統だと思いますし、

オークスが最も適した舞台だと思いますので

これからも注目の存在だと思います。

◆ 血統アナリスト米田勉の新たなレポートが発表されました ◆

このレポートでは、2016年デビューの2歳馬および、

2017年の3歳馬を解説しています。

2017年のクラシックを占うというよりも

クラシックを制する馬を見極める重要なレポートです。

このレポートは、クラシックを網羅する内容ですので、

2017年の菊花賞まで情報は更新されます。

そのレポートを手にすることが、

来年のクラシックにおいて、

どれほど重要な情動であるかはご理解いただけると思います。

今、手に入れることができれば、

今週の朝日杯でも参考になる情報です。

血統アナリストの米田が、

ミスエルテをどう評価しているんモか?

モンドキャンノは、どうなのか?

クリアザトラックには勝機はあるのか?

その答えが書かれています。

今すぐこのレポートを入手して下さい。

http://c.ioiv.net/?t=ta&iid=69726