読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬アナリスト血統予想!

血統、馬主、調教師など、表に見えない裏データを利用した穴情報!

チャンピオンズカップG1の回顧

2016年12月4日のチャンピオンズカップに注目したいと思います。

▽ 第17回 チャンピオンズカップ(G1)

このレースでは前走のJBCクラシックを含む

ダート6戦全勝で臨んだアウォーディー

断トツの人気に推されておりましたので、

2着以下が混戦とみられていたレースでした。

レースは、アウォーディーがゴール前で抜け出して、

そのまま勝利を抑えるかと思われましたが、

最後外から伸びたサウンドトゥルーに差されました。

ゴール直前で悪い癖であるソラを使ってしまい、

悔しい敗戦となりました。

しかしながら、勝ちに等しい内容だったと思います。

勝ったサウンドトゥルーも昨年の同レースでも3着と

コース適性、力があったのだから勝ち馬をほめるべきだと思います。

2着アウォーディーから半馬身差の3着には

10番人気の伏兵馬アスカノロマンが入りました。

3着に入ったアスカノロマン

今年のフェブラリーステークスで3着に入っている実力馬ですので

復調してきたとみてもよいでしょう。

ダートは地味なイメージがありますが、

実力伯仲のダート界は、今後も目が離せません。