読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬アナリスト血統予想!

血統、馬主、調教師など、表に見えない裏データを利用した穴情報!

菊花賞の回顧 10月23日 京都11R

2016年10月23日の菊花賞に注目したいと思います。

▽ 11R 第77回 菊花賞(G1)

今年は皐月賞馬でダービー3着のディーマジェスティ

皐月賞3着でダービー2着のサトノダイヤモンド

2強の争いとみられていました。

その中でも1番人気のサトノダイヤモンド

中団から差し切り勝ちを収めました。

そこから2馬身半差の2着に

9番人気の伏兵馬レインボーライン

そこからハナ差の3着に皐月賞、ダービーともに

4着だったエアスピネルが入るという結果でした。

ちなみに2強とみられていたディーマジェスティ

エアスピネルからクビ差の4着でした。

このレースを見て、予想通りではありますが、

サトノダイヤモンドの成長力に驚かされました。

結果的を見れば、

このメンバーでは、力が違いました。

次走は有馬記念を使うのが有力ということですが、

菊花賞というレースは、レース後のダメージの残りやすいので

うまく回復して仕上げられるかがカギとなります。

順調に仕上がって、さらなる活躍が期待したいところです。

また、少しレース傾向が変わったのかと

思ってしまうところもありました。

京都の外回りは、

うまく内をついてきた馬が上位に来やすいレースですが、

今回は外を回ってきた馬が上位に来ていたということです。

これについては動向を注視していきたいと思います。