読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬アナリスト血統予想!

血統、馬主、調教師など、表に見えない裏データを利用した穴情報!

秋華賞の回顧 10月16日 京都11R

2016年10月16日の秋華賞に注目したいと思います。

11R 第21回 秋華賞(G1)

私の中での3歳牝馬4強は、

シンハライトチェッキーノ

ジュエラー、メジャーエンブレムですが、

今回の秋華賞に出走したのは、

ジュエラーのみと寂しいレースとはなりました。

その中でも、見ごたえのあるレースだったと思います。

レースは終始前走同様クロコスミアが逃げ、

前で競り合うことなく直線を向き

追い比べとなりました。

2、3着馬の外からヴィブロスが差し切り、

全姉のヴェルシーナが果たせなかった

牝馬クラシックを制しました。

勝ち馬のヴィブロスが強かったのは言うまでもありませんが

次走以降楽しみな馬についてあげておきたいと思います。

それはレッドアヴァンセです。

元々能力の高さは評価されていましたが

牝馬クラシック2戦とも期待外れのレースが続いていました。

今回は、パドックから少しずつ成長していると

思わせてくれる一面もありました。

また、決してベストとは言えない2000mで

中団から差し、5着と掲示板を確保したあたりは

今後の成長次第ではヴィクトリアマイルあたりを

狙っていけるのでは?と思わせてくれました。

今後も楽しみです。