読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬アナリスト血統予想!

血統、馬主、調教師など、表に見えない裏データを利用した穴情報!

キーンランドカップ(G3)の回顧 8月28日 札幌11R

2016年8月28日 札幌11Rの キーンランドカップG3に注目したいと思います。

このレースでは終始逃げたシュウジ

ゴール前で差したブランボヌールが優勝しましたが、

今後の重賞戦線での活躍が一番期待できそうなのが

後方からいい脚で追い込んだ3着のレッツゴードンキです。

本場は桜花賞を逃げ切っていますが

スプリント適性があるといわれていた馬です。

やはり適性の高さを見せてくれていたと思います。

最初の4Fが45.5と重賞クラスにしては

落ち着いた展開で進み、前残りのレースでしたが

その中で一番の脚を見せたのがレッツゴードンキだったと思っています。

今後スプリンターズステークスを見据えたときに

もっとペースは上がりますので

その時に1番活躍できると思っています。

このレースの上位3頭のうち

G1で馬券に入る可能性が高いのは

レッツゴードンキではないかと思います。