読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬アナリスト血統予想!

血統、馬主、調教師など、表に見えない裏データを利用した穴情報!

7月24日の推奨馬 函館11R

7月24日(日)函館11レースの展望をお送りします。

◆ 函館11R 函館2歳ステークス(G3) 1200m 芝

本レースの過去5年の傾向を見ていくと

勝馬はすべて新馬勝ちを収めています。

そして血統面でいえば過去2年で

特筆すべきなのはダイワメジャー産駒と

母父サクラバクシンオー産駒です。

ダイワメジャー産駒は、昨年2,3着と2頭も馬券に絡んでいますし、

人気面でみても3,10番人気と妙味十分の馬券となっている。

そして母父サクラバクシンオー産駒は、

昨年の勝馬を輩出していますし、

2014年も11番人気で2着ですので、

人気薄でも買い目には入れておきたいところです。

そして最後に調教について見ていくと

中間の調教に最低でも1本は

騎手が騎乗している馬の成績が良い傾向にありますし、

最終追い切りの最終1Fが12秒台であることが

好走の条件となっています。

これらを踏まえて予想をしたいと思います。

◎6番モンドキャノン

本馬は新馬戦で1分9秒4の好タイムで勝ちました。

その時の2,3着馬も次走で勝ち上がり、

本レースに出走をしてきていますし、

現時点では、レースレベルが低いとは言えません。

また、控えた競馬ができるという面でも

素質的にもメンバー1だと思われ、

母父サクラバクシンオーということからも期待したい1頭です。

そして調教の時計自体も最終追い切りを芝コースで行い、

64.2-1F 12.4を馬なりで出すのですから、調子も上向きです。

ひとつマイナス点を挙げるとすれば

戸崎騎手が追い切りに騎乗していないことですが

それを差し引いても一番勝馬に近い存在だと思います。

○16番ラーナアズーラ

本馬も新馬勝ちを収めた1頭ですが、

メンバーの中で1番上積みが見込める1頭とみています。

初戦は1分10秒台とまずまずのタイムで勝ちましたが、

追い切りでは動きがさらに良くなり、気分良く走っていて、

ウッドコース調教組では1番の動きでした。

地味な血統背景から

おそらく7番人気ほどに落ち着きそうですので

配当妙味十分です。

▽ 当レースの推奨馬

6番モンドキャノン

16番ラーナアズーラ

15番ガーシュウィン

10番ロイヤルメジャー

12番レヴァンテライオン

14番ドゥモワゼル

8番バリンジャー

推奨順で記載しております。

予算に合わせて、券種、購入点数、購入金額など、

ご検討の上、ご購入ください。