読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬アナリスト血統予想!

血統、馬主、調教師など、表に見えない裏データを利用した穴情報!

宝塚記念の回顧

先週の新馬戦からは、今後楽しみな馬が見当たりませんでしたので、

宝塚記念の回顧をしていきたいと思います。

レースはキタサンブラックが前を引っ張り、

最初の1000mが1分を切るレースになりました。

直線を向いてもキタサンブラックに余裕がありましたので、

押し切るかと思われました。

しかし、外からマリアライトドゥラメンテの強襲され

最終的には、3着にはなりました。

レースを見る限り、キタサンブラックが、

1番強い競馬をしたと思います。

勝ったマリアライトも手応えが悪く、

ゴール前は、伸びないかと思われましたが、

最後はしっかりと差し切りました。

ドゥラメンテも包まれて苦しい場面もありましたが、

そこから差のない2着に来るのですから、

上位3頭はそれぞれ強い競馬をしたと思います。

レース後、ドゥラメンテが、また故障してしまいましたので、

このまま無理して最悪な事態になるよりは、

キングカメハメハ×アドマイヤグルーヴという良血馬ですので

種牡馬入りして活躍してほしいと思います。

(記事の執筆後に引退のニュースがでました)

4着のラブリーデイも一瞬馬券に絡むかと思われましたが、

思ったよりも伸びませんでした。

昨年よりも力が落ちてしまったのでしょうか?

今後G1に照準を合わせては来ると思いますが、

G1であれば3着以上は難しいと感じました。