読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬アナリスト血統予想!

血統、馬主、調教師など、表に見えない裏データを利用した穴情報!

注目の新馬

ダービーが終わり、先週から新馬戦が始まりました。

注目すべくもう一頭を紹介します。

6月5日(日)の東京5Rの新馬戦で

4着のロードミュートスです。

この馬は道中は3,4番手のインコースに位置し、

直線では逃げ馬の内から抜け出しをはかりましたが

逃げ馬の外へと進路変更を余儀なくされる不利がありました。

そのため、着差ほど力差はないように感じました。

また、この馬の走りや母父ティンバーカントリーということから

芝馬というよりはダート馬だと思いますので、

次走以降ダートを使ってくるようであれば

人気のあるなしに関係なく狙いたい馬です。

ちなみにロードミュートスを管理する高柳調教師ですが、

芝よりもダートの方が得意なのではないかと最近感じています。

それもそのはず今年高柳厩舎は中央競馬で12勝を挙げていますが、

そのうち10勝をダートで挙げていますし、

芝の勝率が6.5%で3着内率19.4%なのに対して

ダートの勝率は16.1%、3着内率は32.3%(5月29日現在)と

圧倒的にダートで良績を残しています。

しかも芝が31鞍に対してダート62鞍と

ダートの方が多く使っていて率も高いことから

ダート厩舎であることがおわかりいただけたかと思います。

そして、この馬の場合配当妙味もありそうですので

おいしい馬券につながりそうです。