読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬アナリスト血統予想!

血統、馬主、調教師など、表に見えない裏データを利用した穴情報!

アンタレスステークス

第21回アンタレスステークス(G3)が行われました。

4月16日に阪神競馬場にてアンタレスステークスが行われました。

勝ったのは、単勝1.8倍と断然の1番人気に推された武豊騎手騎乗のアウォーディー

前々でレースを進めていた3番人気アスカノロマンをゴール前で差し切り半馬身差で勝利を飾りました。

なお、アスカノロマンから3馬身差の3着に5番人気のサージェントバッジが入り3連単は10,620円でした。

勝ったアウォーディーはダート転向後4戦全勝、重賞はシリウスステークス(G3)、名古屋大賞典(GⅢ)を含む3勝とした。

アウォーディーの母といえば天皇賞秋を制したヘヴンリーロマンスであるが、その子供たちはダート適性が高く日本馬として初めてUAダービーを制したラニや重賞4勝のアムールブリエがおり、今後のダート戦線でヘヴンリーロマンス産駒たちの活躍に期待です。

血統背景に加えて2着のアスカノロマンは、前走フェブラリーステークス(G1)で3着に入っている実力馬相手に勝利を収めたのですから、今後の活躍にも期待が持てると思います。