読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬アナリスト血統予想!

血統、馬主、調教師など、表に見えない裏データを利用した穴情報!

アーリントンカップ/クラシックロード

2月25日つばき賞に注目したいと思います。

阪神11R 第26回 アーリントンカップ

断然の1番人気に推されたペルシアンナイトが

後方から直線で1頭だけ段違いの脚で差し切り

2着に3馬身差をつける圧勝で、重賞初勝利を収めました。

ペルシアンナイトはハービンジャーということもあり、

クラシック戦線では厳しそうですが、

今後もG2、G3レベルで活躍していくでしょう。

2着に入ったレッドアンシェルも

差はつけられたものの

着実にレース内容が良化していますので

長い目で見て活躍が期待できるでしょう。

また、シンザン記念を勝ったことで

人気の一角に推されたキョウヘイは

やはり重・不良馬場でないと狙えないことが

証明されたと思います。

この馬の取捨選択は馬場状態だと

覚えておいていただきたいと思います。

【的中×1】2月25、26日の結果

2月25、26日の結果をお送りします。

阪神11R 第26回 アーリントンカップ(G3)

結果:ペルシアンナイトの足は次元が違う

1着8番ペルシアンナイト

2着12番レッドアンシェル

3着2番ディバインコード

▽ 1着2着3着がすべて推奨馬のため、すべての馬券が的中!

3連単:6,020 円

連 単:1,050 円

ワイド:400 円、240 円、960 円

◆ 中山11R 第91回 中山記念(G2)

結果:人気馬が崩れて、大荒れの30万馬券

1着1番ネオリアリズム

2着5番サクラアンプルール

3着9番ロゴタイプ

▽ 3着が推奨馬のため、複勝のみ

複 勝:440 円

このレースは不的中にカウントさせていただきます。

※レース結果は、必ず主催者発表のものと照合して下さい。

つばき賞/クラシックロード

2月19日つばき賞に注目したいと思います。

▽ 京都9R つばき賞

勝ち馬ファンディーナはディープインパクト産駒の牝馬

500kgを越える雄大な馬体の持ち主です。

新馬戦では逃げて圧勝、そして今回は先行差し切りと

幅の広い競馬ができると高評価を受けそうです。

私は多頭数になった時の危険性がありますし、

アドマイヤミヤビと比べると劣ると思います。

クラシック路線で人気の一角には推されそうですが

危険なにおいがします。

狙えるとしても

ディープインパクト産駒が得意とする桜花賞

ヒモに押さえておくだけでよいでしょう。

次走が間違いなく試金石となるでしょう。

フェブラリーSの回顧

2月19日フェブラリーステークスに注目したいと思います。

▽ 東京11R 第34回 フェブラリーステークス(G1)

このレースではレース前から

人馬ともに注目されていたカフジテイクが1番人気となり、

しっかりと差し切れるかがカギとなったレースです。

中団外目を回り、最後までしっかりと伸びてきたゴールドドリーム

内のベストウォーリアとの接戦を制し、

3着には後方から追い込んだカフジテイクが入線しました。

今年も根岸S勢が馬券に絡み、

改めて最重要ステップレースであると思いました。

今回はぶっつけ本番となったゴールドドリームですが、

間隔をあけたことや馬場入りを他馬よりも先に行ったことで

前走の敗因となった落ち着きのなさをカバーし、

力を出せたと思いますし陣営の努力がうかがえます。

今後もしばらくは絶対王者不在で

馬券的に面白いレースが続くでしょう。

【的中2本】2月18、19日の結果

2月18、19日の結果をお送りします。

◆ 京都11R 第52回 京都牝馬ステークス(G3)

結果:自在な脚質に成長したレッツゴードンキ

1着10番レッツゴードンキ

2着15番ワンスインナムーン

3着6番スナッチマインド

▽ 1着2着3着がすべて推奨馬のため、すべての馬券が的中!

3連単:33,820 円

連 単:4,500円 円

ワイド:1,070 円、480 円、1,930 円

◆ 東京9R ヒヤシンスステークス

結果:武豊の逃げも見事だが、エピカリスは強い

1着2番エピカリス

2着7番アディラート

3着6番ハイパーノヴァ

▽ 1着2着3着がすべて推奨馬のため、すべての馬券が的中!

3連単:4,110 円

連 単:1,850 円

ワイド:160 円、550 円、1,430 円

※レース結果は、必ず主催者発表のものと照合して下さい。

注目新馬

2月12日の新馬戦に注目したいと思います。

▽ 東京4R メイクデビュー東京

このレースを制したのは

1番人気に推されたサトノマックスでした。

落ち着いたレース運びから、

直線で追われるとしっかりとしたストライド

まだまだ突き放しそうなくらい余力を残しての勝利でした。

ダービーに間に合えば面白い存在となりそうです。

次走は自己条件を使い、

3戦目ぐらいで青葉賞あたりに出るのが

私の中での青写真です。

共同通信杯の回顧

2月12日共同通信杯に注目したいと思います。

▽ 東京11R 第51回 共同通信杯(G3)

近年の牡馬クラシックの最大の

出世レースといわれる本レースは

11頭と小頭数の1戦となりました。

中団から直線決め脚の光ったスワーヴリチャードが

後続に2馬身半差をつける圧勝で

皐月賞へ向けて順調に力をつけている印象です。

馬場不問で力を出せる点では世代トップクラスでしょう。

また、ディープ産駒に劣らぬ瞬発力を持っている点も

クラシックでも大きな期待を持てます。

その他の馬たちについては現状では

クラシックレースで馬券になるのは

難しいのではないかと考えています。

特にエアウィンザーは、

兄のエアスピネルと比べると酷かもしれません。